TOP
  04.04〜04.06月
  04.02〜04.03月
  03.12〜04.01月
  
  

「皇帝さまがやって来た〜!!」
皇帝ダリア栽培記  02月〜03月

  04.03.20
  成長の早い刺し穂は、どうも発根したしたようで、2週間ほど前から、水揚げが良くなりだしたので、水遣り時に観葉植物用の液肥を与え始めました。
観葉植物用の液肥を与えるのは、すぐに花を咲かせる訳でもありませんし、とりあえずは根と葉の良いものを与える方が良いだろうと、勝手に思い込んでいるだけで、実際の効果の程は不明です。
それにしても、葉が展開しだしてからは、ほとんど草丈は伸びずに、葉がドンドン広がっていくだけで、最近では、1ケ月前に大きな差があった、もう一つの苗が急速に成長して、草丈では並んでしまいました。
その苗は、まだ葉が展開するところまではいっておらず、これから葉が展開しだすと、先行していた苗同様に草丈の成長が止まるのか、見てみたいと思います。

ここまで成長してくると、そろそろ定植のことも、考えなければいけないのですが、あまり早め早めに大きめの入れ物に移して行くと、巨大化してしまいそうで・・・・ポットに根が回るまでは、鉢に移すのは遅らせようと思っています。

巨大化って もともと巨大化するんだろぅ〜!!
4メートルが巨大かどうかは、人それぞれでしょうが、箱庭では充分過ぎるほど巨大ですよ!!
だから、出来るだけ小さく小さく育てようと思っているんですがね〜・・・
その方法が解りません。。。

  04.02.22
  窓際に置き始めてから2週間が経ちました。
さすがに蛍光灯の光と違って、お日様の力は大したもので、節の数で3つ草丈も7センチほどに成長しましたが、どちらかというと草丈よりも、葉が展開して大きく見えると言った方が良いのかもしれません。
根が出ていない状態で、これほど成長するとは思えませんので、そろそろ発根したのではないかと思うのですが、残念ながら黒ポットに植えてしまったので、確認することができません。。。

芽は両側から出てきていますが、どうも2本が上手く育つことは少ないそうなので、親の茎の養分で育っているなら、成長の遅い芽は切ってしまった方が良いような気がしますが、家の中に置いてあると、慌て者が多い我が家では、誤って折ってしまいなんてことも考えられるので、もう暫くそのままにしておきます。

先週吹いたのが春一番がなら今週はもっと凄い風と雨の春大一番!!
自然には勝てないと解っていても
今年は風がやたらと気になる、にわか庭師です。

  04.02.08  (二階南側の窓際に移動)
  半地下に置くこと1ケ月半、芽だしにだけは成功し葉も展開してきたので、そろそろ日当たりの良い場所で管理しようと、二階の居間の南側の窓際に置くことにしました。
  ただ今まで置いてあった半地下の場所に比べて、気温の変化が大きいので、出来るだけポット内の温度(地温?)を保つように、発砲スチロールの箱にポットを置き中に断熱材、そして上から温度が逃げないために、同じ発砲スチロールの蓋に、ポットと同径の丸い穴を明けて蓋をしてみました。

黒ポットに入れてしまった為に、発根は確認出来ませんが、Zephyrusさんの情報によれば、根が弱いのでポットの下穴から根が出てくるまでは、そのまま我慢しろとのことで、ミズゴケを穿りたい衝動を押さえております。

オイオイ1月13日の次が、もう2月かよ〜!!
だってぇ〜・・・ズボラでいい加減な性格ですから、こんなもんですよ〜!!
これ以上は望まないでくださ〜い。。。