TOP
  04.04〜04.06月
  04.02〜04.03月
  03.12〜04.01月
  
  

「皇帝さまがやって来た〜!!」
皇帝ダリア栽培記  04月〜06月

  04.06.06  (草丈35センチ)
  皇帝様を放っておいた訳ではないけれど、前回の更新から2ケ月以上経ってしまい、おまえの所の皇帝様は、お亡くなりになったのではないかなどという噂が、あちらこちらから聞こえてきますが、果たして真実はいかに・・・。

  三月までは、とても順調に成長していた皇帝様でしたが、4月に入り気温も上がりだしたので、そろそろポットから鉢に植え替えをと思っていましたが、4月に入るとバタバタと忙しくなり、とても皇帝様への扱いとも思えないような、ポットのままで屋外に放置、やっと5月の連休に仮の鉢に移植という扱いになってしまいました。

  根は張り出した苗は、ポットでは水が不足するらしく、回りに巻いたミズゴケは毎日のように乾くので、一応観葉植物用の液肥を混ぜて、水遣りだけは欠かしませんでしたが、4,5月の前半は、育苗のHPでもボヤいていたように、南風が毎日のように吹き、塩分たっぷりのメイストームも度々来襲!!   その度に箱庭のコンテナや鉢を大移動していたのですが、さすがに、そんなことを何回もしていると、今回は大丈夫だろう・・・なんて思っていたその油断が〜〜今考えれば、ちょっとその時、避難させていればってことになるんですが、まぁ後悔先に立たずでして、哀れ皇帝様の先端の柔らかい新芽は、一夜にして塩揉み状態になってしまい・・・その他の葉も縁が一日で黒く変色し、その後介護のかいもなく、苗の1本は先日ついに枯れてしまいました。
救いはと言えば、仮住まいの鉢を置く場所が無かったので、植えてあった2つの鉢を別々の場所に置いてあったことで、大して離れていない場所に置いてあったのですが、もう一つの苗は、直接潮風が当たらなかったのか、何とか何を逃れ無事に現在も育っております。

おいおい、台風のシーズンになる前だっていうのに、もう枯らしてしまったのかい!!
育て始めた時から育てることより、潮風の方が風が問題だと思っていましたが・・・
こんな早く枯らしてしまうとは・・・
いやはや、これから先が思いやられます。。。

  04.05.22
 

  04.04.25  スリット鉢(7?号)に仮移植  (草丈25センチ)
  根も張ってきたようなので、ポットから植替えましたが、狭い箱庭では植え替えと言っても、最初から大鉢に植え替える訳にもいかず、とりあえず仮の鉢に植え替えました。
植え替えた鉢は最近園芸店で見かけるようになった、スリット鉢という鉢で、大きさの割に非常に軽く、サイドから底にかけてスリットが入っており、根の張りが良いとの能書きを信じて使ってみましたが、定植用には急激に大きくなる皇帝ダリアでは、強度がもたないだろうと考え、これから探すことにします。 

  04.04.05