◆ワルシャワニケ

IMIMGP20151017_01A
  蕾と開花で日記のネタにして、咲いたら咲いたで・・・ まだ10月だと言うのに、今年は本当に花が咲いていないので、園芸ネタに困ってしまっているのです。 今日は孫の保育園の運動会で、天気予報では雨でしたが、朝方まで降っていた雨も止んで、何とか外ですることができ、朝 ・・・
▼続きを読む

◆ワルシャワニケ

IMIMGP20151014_01A
  蕾が付いたとネタにして、開花したら又ネタに・・・咲くのが分かっているんだから、咲いたら書き込めよと言われてしまいそうですが、まぁこんな時期ですからお許しを!! 三度目と言うには、花数も少なくチョイとおこがましいのですが、とにかく今年三度目の開花です!! ・・・
▼続きを読む

◆バラとローズヒップ

IMIMGP20151010_01A
  プリティレディとペレニアル・ブラッシュのローズヒップ 箱庭にバラをお迎えしてから三度目の秋・・・昨年までは春に咲いた花殻を摘んでいましたが、元々ローズヒップが出来る種類を選んでお迎えしていたので、今年は花殻を摘まずに、そのままにしておいたのですが、秋になってや ・・・
▼続きを読む

◆フジバカマ

IMIMGP20151009_01A
フジバカマと言っても多分園芸用の交配種だとは思いますが、ラベルを尊重してにフジバカマとしておきます。 箱庭には6~7月に咲くヨツバヒヨドリと言う同じような花があり、結構この手の花は嫌いでは・・・イエイエ好きなのです。 そうは言ってもフジバカマの花が好きかと聞かれ ・・・
▼続きを読む

◆ジュズサンゴ

IMGP20150930_01A
最近はすっかり手抜きばかりしている箱庭です。 何を手抜きしているかと言えば、何を今さらと言われてしまいそうですが、出来るだけ花期の長い花や葉物を置いたりして、花の入れ替えの手間を省いたりしています。 しかし、花期が長いと言って置いたままにしておくと、人間贅沢な ・・・
▼続きを読む

◆緑光(バラ)

IMGP20150929_01A
  四季咲きで毎年春から良く咲いてくれる緑光さんですが、今年はご機嫌斜めのようで、春に咲いたきりで、その後音沙汰なし・・・花が咲かないなんてことには慣れているので、特に気にするでもなく放置しておりましたが、秋の気配を感じたのか、このままだと見捨てられると言う危機感か ・・・
▼続きを読む

◆ペンタス湘南ミックス(’1・・・

IMGP20150926_01A
  このペンタスの種を播いたのは、昨年の春(2014/04/30)のことでしたが、結局秋の開花には間に合わず、否が応にも冬越しに突入!! 屋外での冬越しは無理と解っていたので、室内で管理していましたが、冬の間もパラパラと花が咲いていたので、ある程度の温度が有れば、 ・・・
▼続きを読む

◆ペルシカリア・ファイヤーテ・・・

IMGP20150924_01B
毎年秋になると花が底を尽きてしまうのと、少し種播きの量を減らそうかと思って、秋に開花する花を探しているのですが、連休にいつも行く湘南台の園芸店に行ったところ、好みの苗があったので、箱庭にお迎えすることにしました。 葉を見ると明らかにタデ科のようですが、花はト ・・・
▼続きを読む

◆雑記・・・

IMGP20150919_01A
秋と言うより夏の日差しが、帰ってきたような今日の天気でしたが、お彼岸と言うことで朝から墓参りに行き、その後もバタバタと一日が過ぎてしまい、朝少しの時間で写真を撮っただけで終わってしまいました。 箱庭のバラは雨の時に咲くことが多いのですが、昨日までの雨が嘘のように ・・・
▼続きを読む

◆晴れたぁ~!!

IMGP20150911_01A
プリティレディ 8月の終わりから雨ばかりの日が続いていましたが、9月になって初めて(?)お日さまが顔を覗かせてくれました。 最近は雨ばかりだったので、庭を素通りするだけで苗の状態を見ていなかったのですが、今日は久しぶりに晴れたので、仕事に行く前に庭を一回りして ・・・
▼続きを読む

◆クレオメ・カラーフォンテン

IMGP20150910_01A
そろそろ秋風も吹き始める頃だと言うのに、クレオメなのである・・・播いた種はミックス!! 何となく見た目で色の違いそうな種を選んで播いたのですが、咲いた花はみ~んなシロ!! 種を播いた時期が、普通なら開花するような時期にダメ元で播いたのですから、咲いただけでも良し ・・・
▼続きを読む

◆ヒマワリ群生・・・箱庭流!・・・

IMGP20150906_01A
  1本で咲くヒマワリも悪くは無いが、イメージとしては群生していた方がヒマワリのイメージにあっているような・・・そうは言っても、箱庭で群生などと言う言葉はご法度で、しかも背高ノッポのヒマワリの群生など夢のまた夢!!   しかし、分岐性のヒマワリ・サンタス ・・・
▼続きを読む