箱庭園芸は四次元パズル?!(計算違い?!)

そもそもの間違いは、ジキタリスから始まりました。 今頃は花穂が上がり出し、置かれる場所に、収まっている計算なのに、今年のジキタリスときたら、タプシーこそ花穂が上がり、開花間近になっていますが、白のジキタリスは、いまだに穂が上がってきたのが、一株という有様で、止めれば良いものを、こんなプランタを4鉢も抱え込んでしまったのです。 まぁこれで花でも咲いてくれれば、まだ救われるってもんですが、もし開花しなければ最悪!!こんなプランタ背負って年越しかよ〜・・・最近では、それなりに大きくなる花などにも手を出し始め、今年は皇帝ダリアまで同居しているんですから、こりゃ〜たまったもんじゃありません。
  ジキタリスに皇帝ダリア、まるで満員電車のような箱庭です。
箱庭その1
いつまでも、こんな状態で場所を占領されたら、夏以降の苗の育苗場所がないよ〜?!と、いくら嘆いてみても、成長が早まる訳でもなく、昨年のデッキの改修で、育苗場所用デッキを作り、この場所以外の場所には、最小限の鉢しか置かないという決意も、すでにグラグラ・・・緊急用に考えたバーゴラ上の育苗場所も、すでに緊急用とは言えない状態で、早い話がジキタリス!!おまえがどいてくてれれば、問題は解決するんだよ〜!!

狭い場所での箱庭のコンテナ園芸は、開花時期を考え、空いた場所に鉢やプランタを当てはめていくようなもので、やっていることは、まるで4次元パズルのようなもの・・・ですから、時期を読み違えると、どうなるかと言えば、咲いた花が無くなるは当たり前!!  予定より成育が遅れれば、それだけで育苗場所無くなり、花も咲いていない鉢(プランタ)で埋め尽くされてしまい、行き場の無くなった鉢を持って、どこか空いた場所はないかと、今日も狭い庭をウロウロ歩きまわるにわか庭師です。
まぁ、いまだに上手く嵌ったなんてことは、ありませんから、結局のところ、出たとこ勝負の博打園芸になってしまっているのですが、こんなにわか庭師の姿を見て、こんなことまでして種から育てなくてもいいのにと、周囲の者は言いますが、育てるだけじゃなくてパズルまで出来るんですから、やっぱり止められませんね〜。。。

おまえな〜計算違いって、ようするに計算なんてしてないことだろ!?
そんなことは、ありませんよ〜 足して、引いて、掛けて、割って・・・
最後に、つじつまが合えば、満点でしょ!!

2005.05.08


  

庭木だって箱庭流!?

  久しぶりに某花メーカの店の近くに行く機会が出来たので、ついでに潮風で枯れてしまったクレマチス(アーマンディ)の代わりでもあれば買おうかと行ってきましたが、一緒に行った相手が悪かった・・・店に入るなり、入口近くにあった花盛りの植木を、目ざとく見つけると、思い出したように、植木のコーナーに直行!!今まさに開花中の 「カイドウ」 を見つけ、この子を連れて帰ろうと言い出す始末です。 カイドウならサッパリ咲かないけど、白のがあるだろうと言っても、聞き入れてくれるはずも無く・・・ならば、こちらにもこちらの言い分ってものがある!! そこで多分無いだろうと、以前から探していた 「なんじゃもんじゃの木は、ありませんか?」 と店員さんに聞いてみると、なんと 「有りますよ〜!!」 の返事が返ってきてしまいました。
そっちが 「カイドウ」 なら、わしゃは 「なんじゃもんじゃ」 を買うで〜!!
埋込んだ鉢にスッポリ納まったカイドウ
箱庭その1
そして、いざお金を払う段になり、「カイドウの分くらい援助してやるわよ!!」の言葉に手を差し出せば、おいおいこれじゃ〜足りね〜ぞ!! 花盛りの「カイドウ」と枯れ木の「なんじゃもんじゃの木」どう見ても、値段は「カイドウ」だろ・・・と後に引く訳にも行かず、2本の植木を連れて帰ることになってしまい、あぁ〜今月も花貧乏のにわか庭師です。

それで目的のクレマチスは、一体どうしたんだい?!
だってぇ〜 「なんじゃもんじゃの木」 で、頭が一杯でぇ〜・・・
そんなことは、すっかり忘れてしまいましたぁ〜!!

  それで無くとも狭い箱庭に、2本も植木を持ち帰ってしまったにわか庭師ですが、当然のことながら地植えする場所などあるはずも無く・・・さぁ〜どうする?!
箱庭では、今までアジサイ、金木犀など色々地植えしてみましたが、年に数回くる潮風の塩害で葉が萎れ、次の葉が出るとまた潮風!!の繰り返しで、一年中まともな葉が、茂らないなんてことは日常茶飯事で、いまも丸坊主のムクゲが、頑張っているのですが、風前の灯火状態に陥っています。
こんな状況を考ええれば、出てくる答えは一つしかありません!! 潮風の時には避難させられるような方法で管理してやれば良い訳で、箱庭の花と同じように鉢植え状態で育ててやれば・・・
最近では、結構大きな木を、鉢植えで育てているのを見かけるので、何とかなるんじゃないかと、淡い期待を込めて、早速作業開始です。

  まずは瀕死のムクゲを掘り返し、その後に大きめのプラ鉢を埋め込み、埋め込んだ鉢より小さめな鉢に、開花中の「カイドウ」は、根を痛めないように気をつけ、「ムクゲ」と「なんじゃもんじゃ」を、それぞれ植替えました。
これで作業は完了!! 後は偶然(なっ訳がない!!)にも、春はカイドウ、5,6月にかけてナンジャモンジャ、初夏からムクゲ・・・と、それぞれ開花時期の違う植木がそろい、この三本の木を潮風を避けながら、ローテーションしてやれば、フッフッフ・・・そんなに上手くいくはずはないのですが、思わずニンマリのにわか庭師です。

春から夏までは解ったけれど、秋はどうするんだい?!
上手くいくかも解らないうちに、そこまでは考えられませ〜ん!!
と、いいつつキンモクセイの香りも良いな〜。。。
2005.04.12


  

にわか庭師冬眠中!?

箱庭工事のため駐車場に避難した花木達
花も無ければ何も無い!!
箱庭その1
  そもそもど素人が園芸のHPなどというものを、無謀にも園芸に特に詳しい訳でもないにわか庭師が始めたのは、苗の育成記録でも書いていれば、更新ネタに困らないだろうという理由からで、育苗の更新の合間に、庭造りの記録などを、、好き勝手なことを書いてデッチ上げて更新さえしていれば、まぁそれで満足・・・人が訪問しようがしまいが、そんなことは、所詮は自己満足!! これが特に有益な情報も載せていないHPが、今まで維持更新してこられた理由だったのです。
しかし、そんなことも7年も経つと、所詮はにわか仕立ての悲しさか、育苗以外の更新ネタも無くなり、はてさてどうしたものか・・・?!
そこに今年は追い討ちをかけるように、台風が連続してやってきては、潮風で花や苗はドンドン少なくなり、「枯れた」や「萎れた」などと書くことが多くなって、ぢぇ〜んぢぇん更新作業が面白くなくなり、益々やる気なし!! そしてトドメは、最後の箱庭の期待の星!!皇帝ダリアが・・・これで完全に切れ、冬も近くなってきたことでしたので、HP開設以来始めての冬眠(ふて寝)することに決定!!
  そして冬眠始めてから3ケ月が経ってしまいましたが、普通習慣のようにしていたものが、無くなると何か物足りないような気になるものなんでしょうが、元来怠け者のにわか庭師ですから、毎週のようにしていた更新作業をしなくなると、これがまたホッとした気分になって、中々居心地が良いので、このままHPを閉鎖しようかな〜なんて気分になってくるのですよ!!。
しかし、今年の冬は暖冬のようで、冬眠するには、ちょいとばかり暖かすぎる上、にわか庭師の周囲は何かと騒がしく、寝難くてしょうがないのである。 しゃ〜ない!!春には少々早いが、そろそろ起きるか〜っ!!

えっ!? 喧しいから、ずっとそのまま冬眠してろよ!!ってか〜・・・
寝ていたいのは、山々なんですけどね〜
不精者の割には貧乏性で、何かやってないと、気が済まないんですよね〜。。。

・・・という訳で、『にわか庭師の庭仕事』を独立したHPにするため、現在引越し中です。
ノンビリ少しずつ更新しながら、作業していきますので、その間訪問して戴いた皆様には、ご迷惑をおかけしますが
宜しくお願い致します。。。
2004.12.23


  

Y G 狂想曲完結編  (完結になっていませんが・・・)

箱庭その1
  何を今さら、こんな古い話を持ち出してと、言われてしまいそうですが、何しろ今回は止せば良いのに、指名手配もどきの写真入り!!あまりホットな話題だと、そこいらへんの引き出しから、冊子を引っ張り出してこられたら、恥ずかしいじゃないですか。。。ようするに、ほとぼりも冷めてきたので、そろそろ良いかな〜なんてね。。。
  今年は夏のパンジーを植えた頃から、ず〜っと天候がおかしいようで、11月なんて晴れた日は半分くらい(自分自身ではもっと)のようで、秋晴れも少なく、秋播きの苗の成育も遅れがちで、簡単に言ってしまえば、ネタが無いのですよ!!ネタが!!
  取材を受けたのは、7月の上旬の話でしたが、肝心の冊子はというと、9月下旬に読売新聞の販売所から配られたようで、読売新聞をとっていない我が家には、郵送で送られてきました。
まぁ、内容は事前に知らされていたので、どうってことはないのですが、それよりも一体どんな人が、掲載されているのかの方が、興味深々で冊子を開いてみれば、あ〜ぁ・・・やっぱり皆さん綺麗に整ったお庭や花を前に、夫婦揃って写真に収まっておられました。。。
そしてにわか庭師のおやじはといえば、きたね〜使い古した風呂の腰掛けに腰をおろし、ペンキの剥げたデッキの上で、自分の作ったトピアリーフレームを持ってニヤニヤ・・・まったくもってにわか庭師のおやじの家庭環境を、如実に表してしるような画像が・・・その時、我が家の連れ合いはといえば、記者の方にお茶を出して、巻き添えになるのはゴメンとばかり、さっさと何処かに姿をくらませちゃいましたらからね〜〜結局一人寂しくってことになってしまいました。

お〜い!!載せてる画像が小さいぞ〜!!
大きな画像に黒線入れたんじゃ犯罪者だし〜〜ぼかすほどの面じゃないですしね〜
自己紹介の似顔絵とで、想像してくださいませ〜。。。

  手作りと手作りといっても、古いものは5年以上経って、朽ち果ててきてしまっていますし、それを味があるっていう人もあれば、手入れが悪いと言う人もいるでしょうが、取材の準備をする時間もあったのに、もう少し何とか格好をつけた方が良かったかなと、反省したにわか庭師のおやじですが、こんな花の少ない時期に取材きて、これだけの記事を書いてくれた、記者の方には感謝いたします。  どうも本当に有難うございました。。。
2003.12.01