竹で作った「仙人草」の添え木

2002.01.02
竹製の添え木     昨年の夏も終わりの9月に花付きの苗で買った「仙人草」は、秋になると枯れ始めるとのことでしたが、12月になっても葉は青々として新芽が伸びてきていました。
芽が出てきているのに、地上部で刈り込むのは、ちょっとばかり可哀想なので、それならばと添え木でも作ってしまえと、来シーズンの成長を見込んで作ったのが、画像の竹で作った添え木です。
三本の支柱は竹製で、横のリングは厚さ1.5ミリ、巾15ミリの杉板を、バーナーで暖めながら曲げてリング状にして、支柱に止めています。 「仙人草」は良く成長すると聞いたので、支柱の高さは1.5メートルにしましたが、本当にそんなに成長してくれるのかな〜。。。

添え木を作ったまでは良かったのですが・・・
その後、成長が止まり葉が黄色くなってきてしまいました。