育苗棚(2)

2003.10.06
  秋も本番になり、種播き大好き人間のにわか庭師のおやじとしては、種を播きたくてウズウズしているのですが、現在の箱庭の状況は、6月に播いたジギタリス、カンパニュラ・パツラ、オダマキ、バーバスカム、プリムラの苗が夏を越し成長し、すでに苗を置く場所は飽和状態!!それでなくても狭くて、苗の育てる場所の困っているのに・・・あ〜ぁ出るのは溜め息ばかりです。
予定では11月の上旬には、今の苗は福祉バザーに持って行って無くなることになっているので、それまでにポット上げをしないように、秋播きの播種を遅らせてはいるのですが、パンジーのポット上げなどもあるので、とっても危ない状態なのです。
まぁ、こんな綱渡り園芸は、毎年のことなので、慣れっこなのですが、やはりここらあたりで、根本的に育苗場を確保することを、考えなくては・・・
  箱庭に、そんな場所があったのかい?なんて声も聞こえてきそうですが、あったんですね〜(というよりは出来ちゃったんですね〜)それが・・・
  育苗棚
それも、箱庭では中々の条件の場所でして、そこにはにわか庭師のおやじが、園芸始めた頃に買ったクレマチスが、鉢で植えてあったのですが、今年の春に突然死・・・その場所が、そっくりそのまま残してあったのです。
環境はと言えば、日当りこそ午前中しか当たりませんが(箱庭では、これでも上等です。)南側のベランダの下で、雨も霜にも当たらず・・・ちょっと風通しが良すぎるのが難点ですが、まぁまぁの場所で、こんな場所を空けておくのは、箱庭園芸ではご法度!!バチが当たるってもんです。

作った棚といえば、以前作った育苗棚と同じ構造ですが、今度は殆ど見えない場所に置くものですから、飾りは一切無し!!育苗トレーを少しでも多く置きたいので、棚の数を増やして4段にし、超手抜きの1日作業で作り上げましたが、ちょっと歪んでますね〜・・・まっいっか〜。。。

えっ歪んでるのは、育苗棚ぢゃ〜なくて、おまえの性格だろ〜って・・・
性格がそのまま作品に出ますからね〜
でも性格は歪んでないですよ〜ただ悪いだけですぅ〜。。。