裏の通路の煉瓦敷き
2005.02.07
裏の通路
それにしても殺風景な通路だな〜・・・
    
  家の外構工事の際に避難させていた裏の通路の苗を、元の場所に戻すことになったにわか庭師でしたが、当然通路のような場所にある庭ですから、工事後には人が通る度に踏み固められて、とてもそのまま元に戻すという状態では無くなっていました。
掘り起こして、元に戻すか・・・しかし、それではつまらない。。。同じ手間をかけるなら、この際なので気分一新、模様替え〜!!
でも、余りお金は掛けたくないので、何か良い方法はないかと、あたりを見渡せば、ありました!?ありました!! 以前デッキの上に置いてあったベルギー煉瓦が、山のようにありました。 当分の間この煉瓦を新しいデッキに使う予定もないので、この煉瓦を使って、まずは裏の通路のリフォームを決行することに決定!!

まずは煉瓦を敷くに当たって、また気分が変わるかもしれないので、煉瓦は敷くだけにして固めないことしまし、家の外回りにある、配管が詰まった時のメンテナンス用の開口蓋の上を狙って煉瓦を敷くことして、作業を進めていくと、思っていたより意外と煉瓦の量がいりそうで、どうも足りなくなってしまいそうな感じです。。。
・・・まさかここまで来て止める訳にもいかず、この際箱庭のメインの花壇の縁取りに使っている煉瓦もつかっちゃえ〜!! とまぁこんな感じで出来上がった、裏の煉瓦の通路です。。。

それで、今度は箱庭のメインの花壇の縁取りはどうするんだい・・・
どうせ、ろくでもないことを考えているんだろって〜・・・?!
まぁ元々少しづつ買い足していった煉瓦ですからね〜
まっ無きゃ無いで何とかなるさ〜。。。


いくら地上部が枯れてしまう冬だからとはいえ、あまりの殺風景な画像に、毎年せっかく花が咲いても風で葉が痛んでしまい、綺麗に見えないクリスマスローズでも、持って来ような〜なんて考えてしまいましたぁ〜!!