番外編(1)  Yamaさんの庭  (やっぱり地植えは難しい)
2002.05.12
イメージ図
---花壇のイメージ図---
  2月の画像
---実際に苗植えた2月中旬の花壇---
 
  この画像は、ご存知「冗談&パクリーヌ」のYamaさんの門の前の花壇です。
この花壇に花を植えてもらえたらと頼まれたのが、2月のことでしたが、実際に引き受けてしまった後、これは困ったことを引き受けてしまったと後悔したにわか庭師でした。
何故かと言えば、にわか庭師がやっている園芸は、花の咲いたプランタや鉢を寄せ集めて、適当に飾っているだけの園芸で、もしも失敗しても別のプランタや鉢を寄せ集めれば、何とごまかせる程度の園芸なのですから、一度植えてしまったら、後には戻れない地植えの花壇など、はっきり言って荷が重い。。。  しかし男が一度約束したら後には引けないのである!!と思いつつ、適当に箱庭にある花を寄せ集めて、植えてごまかそうなどとも考えていたのでありました。  (^_^;\

  ところが土を入れる為に、いざ花壇の上に立ってみると、小さなと聞いていたわりには、その広さは箱庭のメインの花壇よりもはるかに広く、一度植えてしまったら、奥の方の花の手入れなど出来そうもない広さなのです・・・と、そんなことを考えていると、出来そこないの園芸の虫がウズウズと騒ぎだし、何となく出来上がったのが、上の写真の花壇なのですが、どうせやるなら、本などにも書いてあるように、まずはイメージ図などを書こうかなどと、よせばいいのに一丁前なこと考えてしまいました。(出来もしないことを平気で思いついてしまうことが、恐ろしいですね〜。。。)
  まぁ何とかなるだろうなどと気楽に考えていたのですが、考えてみれば花壇どころか花の絵すら、ろくに書いたことがないのですから、簡単に出来る訳もありません。
そもそも普通なら、ここでイメージ図なんて諦めちゃうところなんでしょうが、「え〜い!!パソコン使いが、鉛筆なんか持てるか!!」などと、またまたとんでもない発想(無謀)して書いてしまったのが、左上のイメージ図なのですが・・・。

えっ!!小学生でも、もっとましな絵を書くって!!
わたしゃ図面屋ですからね!!定規が無いと絵は書けないんですよ〜!!

  そしてそれから数ヶ月が経ち、箱庭のバージニアストック、フェリシアもそろそろ終わりに近づき、多分Yamaさんの花壇の花も、何種類かを入れ替えだろうと思い、ロベリアなどの苗を持って久しぶりに、Yamaさんの花壇に行ってきました。


5月のYamaさんの花壇へ