B  ウォーター・シェード・ガーデン(その2) 

見るだけじゃ無いよ!!せせらぎの音が〜
2003.07.21
シェード・ガーデン
  ろくな物を作らないにわか庭師の作品としては、この池は中々評判が良い。。。
初めてこの池を見た人は、「な〜に〜っ、これぇ〜?」と言って感心し、「わ〜っメダカがいるぅ〜!!」と言って、しばし池を覗き込んで、呆れるやら、感心するやら・・・まぁ、池を作って以来、花に水遣りに加えメダカの餌やりと、仕事が増えたのですが、作った本人が一番気に入っているのですから、そんなものは句になるはずも無く、最近ではDIYセンターに行けば、園芸コーナーの次には、ペット(熱帯魚)のコーナーにまっしぐらです。  そうは言っても、何の目当ても無くブラブラしている訳では無く、一応目的を持って見ているのですが・・・
池を作るに当たって、一番心配していたのは、水の交換なのですが、普通の屋外の池ならば、適当に雨水などが入り、水を替える必要は無いらしいのですが、箱庭の池は屋外と言っても、一応雨は当たらない場所に置いてあるので、水を替えなくてならないです。
元々ズボラな性格なもので、何でも手抜き出来るところは、何とか手抜き出来ないかと、いつも考えているにわか庭師ですから、当然何とか、この作業を逃れる(回数を減らす)手立ては無いものかと考え、最初に思いついたのは、当然のごとく熱帯魚のフィルター装置!!これを何とか池に使えないかと考えたのは、当然と言えば当然の話ですが、こんな大層な物を付けたひには、せっかくの雰囲気台無し!!
それに、これだけの水の量を、きれいにするというのは、かなりのお金も掛かりそうなので、結局あっさり挫折!!しかし挫折の繰り返しのような人生を送ってきたにわか庭師は、こんなことでは諦めない!!水をきれいにするのが無理ならば、少しでも水に流れを作ってやれば、それはそれで効果があるのでは・・・なんて勝手なことを考えて、DIYセンターのお魚のコーナーを、物色して見つけてきたのが、水槽のガラス面に、吸盤で取り付けるフィルター付きの小さな循環用の水中ポンプです。(お値段は¥890円)
  せせらぎの元
  こんな物で水がきれいになるなんてことが無いのは、百も承知ですが、このポンプを使えば、池に流れを作ることができるし、上手くいけば、くみ上げた水をペットボトルに貯めて流し、「しし脅し」なんて馬鹿なことも考えていたのですが、そんなことをしなくても、とりあえずは付属のアダプタを使うと、上の画像の如く水が流れ、何やら涼しげな音が・・・家の中では、うるさいモータの音も、外では気になることも無く、家の中に居ても、川のせせらぎの音が聞こえてきます。。。

目で見て、音を聞いて楽しむ!!あぁ〜爽快!!
なに〜せせらぎにしては、音がでかいって〜・・・
ほっとけ〜!!

>東京電力さま
  ちなみに、消費電力は4.5ワットで、豆電球1ケ分くらいですから、ご心配無く〜!!

ウォーター・シェード・ガーデン(その1)へ