◆ハギ

  どうもハギと言う花は、余り肥料をやってはいけないようで、他の鉢花と同様に肥料を与えていたせいか、ここのところ花付きがイマイチだったのです。 そこで今年は肥料は一切止めてみました。 まぁ 以前やり過ぎるくらい与えていますから・・・ そんな訳で、今 ・・・
▼続きを読む

◆超遅播きの花は・・・

imgp20161008_01b
毎度のこととはいえ、春播きの種を夏頃に播種して、秋に開花させようと、何種類かの種を播きました。 過去にも何度か播いたことのあるケイトウなどもあり、ある程度は上手くいくと思って播いたのですが、中々上手くいかないもので、開花はしたものの、その後が続かず思ったように咲いてくれなっ ・・・
▼続きを読む

◆クリトリア(チョウマメ)

imimgp20160912_01a
一年草の扱いをするようで、元々種を播くつもりは無かったのですが、あるところで冬を越したと言う話を聞いて、冬を越すのなら花が咲かなくても、そのまま冬を越させば、翌年早くから開花してくれるのではないかと思い、ダメ元で7/11日に播種しましたが、さすがにこの時期に播種したことは無か ・・・
▼続きを読む

◆ムラサキセンダイハギ

IMIMGP20160514_01A
箱庭には曰くつきの花木結構あり、このムラサキセンダイハギもスタートから躓いた曰くつき・・・例によってブルーと言うだけで、一目惚れしてしまい箱庭にお迎えしたのは、一昨年の早春のことでした。   送られて来た苗は芽も出ていないポット苗で、春になりやっと芽が出始めた所で ・・・
▼続きを読む

◆二番花ルピナス・ピクシーデ・・・

IMIMGP20160216_02A
  12月に開花してしまったルピナスでしたが、その後一番花を摘心したところ、脇芽から蕾が出来始め、二番花が開花しました。 順調と言えば順調なんですが、ひょっとしたら摘心した後に、春になってから芽が上がり開花なんてことを考たのですが、開花のスイッチが入ってしまった花 ・・・
▼続きを読む

◆開花スイッチ

IMIMGP20160123_01A
 ■ ルピナス   1・2年草だったはずのルピナスさんの開花スイッチが入ってしまったようで、今年の箱庭のルピナスさんは、只今絶好調~真っ先に開花した株など、一番花の開花後にチョンパーした株からは、分岐して次の花芽が上がりだしており、一度開花のスイッチが入ってしまう ・・・
▼続きを読む

◆ロータス・ブラックムーニー

IMIMGP20160104_01A
春に箱庭にお迎えしたのですが、ほとんど花を見ることも無かったので、冬を越させて春から開花させてみようかと・・・ 耐寒性は-5度と言う事なので、箱庭ならば屋外でも冬越し可能なんですが、昨年外で枯らしてしまったので、今年は室内に取り込んでみましたが、管理している場所 ・・・
▼続きを読む

◆ルピナス・ピクシーデライト・・・

IMIMGP20151229_01A
  箱庭のルピナスは、秋になって播種すると、翌年開花しないことが度々あったので、確実に翌年に開花させる為に、8月に播種していました。 箱庭のように暖かい場所では、翌年開花せずに二年目開花というのは、中々夏を越せないので難しいのです。 そんな理由から今年も8月 ・・・
▼続きを読む

◆8月種播のルピナス・ピクシ・・・

IMIMGP20151209_01A
  咲く気満々だった箱庭のルピナスさんが、いよいよ開花し始めてしまいました。 例年種播しているルピナスはラッセルと言う、穂が長くそびえ立つように咲く種類なんですが、たまには違う種類を播いてみようかと思い、今年はピクシーデライト・ミックスを播いてみました。 ラッセ ・・・
▼続きを読む

◆ルピナスお前もかぁ~?!

IMIMGP20151202_01A
  花芽の付いたデルフィニュウムに続き、またしても気の早い奴を発見!! 今度はルピナス・・・それも1株だけではなく、まだろくに成長もしていないくせに、揃いも揃って殆どの株に、蕾が上がってきているではありませんか!! ルピナスではありませんが、秋播きの種を1,2月 ・・・
▼続きを読む

◆冬と夏の花・・・

IMIMGP20151116_01A
  夏に開花予定のファセオルス・カラカラさんが、咲き出したと思ったら、あっと言う間に花数が増えてきました。 横の冬咲きのクレマチス・シルホサも、負けじと花数を増やし、この辺りだけは夏と冬のコラボ状態です。   カラカラさんについては、何度も書いているよ ・・・
▼続きを読む

◆ファセオルス・カラカラ

IMIMGP20151112_01A
思いもよらずに蕾が付いて、箱庭からサヨナラが延期になったカラカラさんが、開花し始めました。 蕾の数は数個しかありませんが、何しろ今年咲いた花は二つだけなんですから、盛大に開花という訳にはいきませんが、それでも花の少ない時期ですから、贅沢なことは言わず、素直に喜ぶ ・・・
▼続きを読む