◆弱り目に祟り目

IMGP20150516_01A
台風の時に蔓を無理矢理剥がして避難させていたニオベなどのクレマチスは何とか無事でしたが アルビレック・バルビエは花弁が茶色になり、花に触れると花弁が散ってしまいます。 箱庭の塩害には何種類かあって、台風や南西の強風で海の飛沫が、風で飛んで降ってきて一夜にし ・・・
▼続きを読む

◆ベティ・コーニング(クレマ・・・

IMGP20130531_22A
  節々に花を咲かせるくらい、花付きが良いはずなのですが、箱庭の日当たりでは中々そうはいかないようで、毎年開花はするもののポツポツだったので、今年は少しでも日当たりの良い所ということで、箱庭の前に方に置いてみたところ、昨年までとは、比べ物にならないくらい蕾が付いています!! ・・・
▼続きを読む